イオン液体、ピリジン塩基類、ピラジン類、アミン類など各種の化学製品の製造販売

研究開発

ホーム > 技術情報 > 研究開発

広栄化学が100年にわたり自社開発で培ってきた技術の蓄積は、広栄化学の研究開発の歴史そのものであると言えます。独創的で先駆的な研究開発は、化学業界において常に高い評価を得ています。

例えば、1950年代の多価アルコール、1960年代のピリジン類及びアミン類の開発、そして1980年代におけるピラジン類や、高度の技術力を必要とする医・農薬中間体の開発などがあります。それらの製品については、文字通りパイオニア的存在で、現在でも至るところでリーダーシップを発揮しつづけています。なかでも、抗潰瘍剤・抗菌剤・結核薬などの中間体の製造技術は世界的にも注目を集め、学術関係者からも技術的に高く評価されています。

当社は「研究開発型企業」として、将来に向けた独創的な研究開発を続けており、イオン液体、有機金属化合物さらにはICT関連化合物の合成にも注力し、多くの独自技術を開発しています。

広栄化学は技術情報ページで紹介する各種技術を駆使して、自社開発による多くの製品を世に出してまいりました。これらの技術を活用できる製品の開発につきまして、共同研究開発や受託合成(カスタム合成)も行っております。

参考資料: Ullmann's Encyclopedia of Industrial Chemistry 5th. ed., Vol. A22. VCH Verlagsgelischaft. 1993. P. 399-430 (The part of "Pyridine and its Derivatives" written by KOEI CHEMICAL CO., LTD.)

製品に関するお問い合わせ・カタログダウンロードは、
下記ボタンをクリックの上ご確認ください。

Copyright(C) KOEI CHEMICAL CO., LTD. All rights reserved.