イオン液体、ピリジン塩基類、ピラジン類、アミン類など各種の化学製品の製造販売

レスポンシブル・ケア

ホーム > 会社情報 > レスポンシブル・ケア

レスポンシブル・ケア(安全・健康・環境・品質)基本方針

当社は、信用と誠実を旨とし、英知と活力を結集して社業発展を期し、独創的技術の開発による有用なる製品の提供を通じて社会の発展に貢献する。

この経営理念に則り、社会の持続可能な発展に貢献すると共に、自らの持続的な成長を実現するため、安全、健康、環境、品質に関して、以下の事項を最優先事項として取り組む。


❶ 
「安全をすべてに優先させる」ことを基本に、無事故・無災害の達成による安全・安定操業を継続する。
❷ リスクに基づき、安全衛生、保安防災などの安全に関するパフォーマンス、及び、自社の設備・プロセス・技術に関わるセキュリティの継続的改善に努め、従業員や地域社会を含むステークスホルダーの安全を確保する。
❸ サプライチェーン全般にわたって化学品の安全性とプロダクト・スチュワードシップの継続的改善を促進し、化学品管理システムを強化することにより、製品のライフサイクルにわたる環境と人々の健康・安全の確保に努める。
❹ 開発から廃棄に至る製品の全ライフサイクルにわたって、環境パフォーマンスの継続的改善を行い、環境保護に努めるとともに、気候変動等の問題解決に取り組む。

❺ 顧客が満足しかつ安心して使用できる品質の製品とサービスを提供する。
❻ 国内外の法令・基準を遵守することはもとより、自主的な取り組みによりベストプラクティスの実践に努める。
❼ 社会の関心と期待に応え、説明責任を果たすため、情報の公表と対話を行う。
❽ パフォーマンスの改善やビジネスチャンスの拡大により、さらには社会課題に対して革新的技術やその他のソリューションを開発、提供することにより社会の持続的発展に貢献する。



2021年4月1日制定

広栄化学株式会社

代表取締役社長 西本 麗

(注)「安全、環境、品質の基本方針」(1995年4⽉制定)、「レスポンシブル・ケア活動⽅針」(2009年1⽉制定)を統合し、新たに制定
「レスポンシブル・ケア」とは
「レスポンシブル・ケア」とは
化学工業界では、化学物質を扱うそれぞれの企業が化学物質の開発から製造、物流、使用、最終消費を経て廃棄・リサイクルに至る全ての過程において、自主的に「環境・安全・健康」を確保し、活動の成果を公表し社会との対話・コミュニケーションを行う活動を展開しています。この活動を『レスポンシブル・ケア(Responsible Care)』と呼んでいます。

活動報告

CSR報告書

産業廃棄物処理施設の「維持管理に関する計画」

産業廃棄物焼却施設維持管理記録

2021年
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
Copyright(C) KOEI CHEMICAL CO., LTD. All rights reserved.