イオン液体、ピリジン塩基類、ピラジン類、アミン類など各種の化学製品の製造販売

100年の歩み

ホーム > 会社情報 > 100年の歩み

広栄化学工業が、医療業界向けに酢酸の製造を始めたのが1917年。 それから100年。
研究開発型企業として蓄積された技術をもとに、さまざまなライフシーンに役立つ含窒素化合物を提供し続けています。

1917

広栄製薬株式会社として大阪に設立、酢酸の製造を開始

初代社長 野口 信吉

1934

ホルマリンの製造を開始

1950

     広栄化学工業株式会社と改称

1952

ペンタエリスリトールの製造を開始

1962

     アミン類の製造を開始

1964

ピリジン塩基類の製造を開始

1966

アミン類製造の強化

1967

ピリジン塩基類の製造に対し、大河内記念会より大河内記念生産賞を受賞

1971~72

千葉製造所でホルマリン、トリメチロールプロパン、ハイドロサルファイト、アミン類、ピリジン塩基類の製造を開始

1980

化学カイロの製造を開始

1985

シアノピラジンの製造を開始

1997

千葉製造所に気相多目的プラントを設置

大阪証券取引所市場第2部に上場

2006

千葉工場で新開発プラントの操業開始

千葉工場で農薬中間体用新プラントの操業開始

2010

千葉に新研究棟を建設、製造・研究機能を千葉に集中

2013

東京本社を現住所に移転

2016

     大阪工場での生産終了
       本店を千葉県袖ケ浦市に変更

2017

創業100周年

千葉工場に液相反応設備を増設

千葉工場に新事務所棟を建設

Copyright(C) KOEI CHEMICAL CO., LTD. All rights reserved.